Laurie Hartman先生のテクニック

  • 2018-01-18

    Laurie Hartman先生のテクニックです
    回旋を極力少なくして限界領域を扱わないスラストテクニック
    複数のコンポーネントを導入して1分節でのロッキングを行っています。
    他の分節にストレスがかからないことと大きな振幅を使っていないことなど安全性のとても高いスラストです。

    リオデジャネイロのオリパラのメディカルサービスでもスラストを使用できるのはオステオパスとカイロプラクターに限定されていました。
    ですのでオステオパスもスラスト技術を身に着けている必要があるでしょう。

    身につけるならより安全性の高い技術を!
    [youtube https://www.youtube.com/watch?v=8OrolPrcbOI]