オステオパシーとは

オステオパシーとは

AAO 2014年の会長でであったロッシングD.O.のオステオパシーの紹介動画 (JOF翻訳)オステオパシーとは1874年にアメリカのアンドリュー・テーター・スティル博士により発表された徒手医学です。オステオパシー(Osteopathy)の由来は、オステオ(Osteo)「骨」とパシー(Pathy)「病気、治療」を合わせた造語です。

オステオパシー(Osteopathy)という名前を知っている人は、大変少ないでしょう。以前は「整骨医学」と訳されていましたが、実はもっと広い意味があるのです。ですから、訳さずそのまま「オステオパシー」という名前で呼ぶことが誤解を招かず適切だと思います。オステオパシーとは自然治癒力を充分に活かして、身体が本来持っている機能性を取り戻し、健康に導く医学です。オステオパシーはアメリカでは年間5千万人もの人々がその恩恵を受けている立派な医学ですが、日本では情報不足であまり知られていません。

「カイロプラクティック」という名前は、日本でも多くの人に知られるようになりましたが、これもアメリカ医学です。オステオパシーとカイロプラクティックは、自然治癒力を活かすことや手技治療がメインであることなど、よく似ていますが、哲学やアプローチの仕方が異なります。


アメリカの医学ドクター

・ドクター・オブ・オステオパシー(D.O.)
・メディカル・ドクター(M.D. 西洋医学)

※アメリカでは州により医療免許が異なります。D.O. とM.D. は全州で、あらゆる医療行為が認められています。
D.O. は、薬品の投与や外科手術も行うことができます

オステオパシーの哲学


スティル博士は、身体の異常な構造は体循環に悪影響を及ぼすと考えました。特に背骨に問題があると、正常な神経伝達や内分泌、体液(血液、リンパ液、脳脊髄液)の循環が阻害されます。これは筋力や骨だけでなく、体内循環や免疫力の低下、内臓機能の低下などの形で、身体の全機関に深刻な影響を与えます。しかしオステオパシーの治療は、単に背骨だけではなく、身体のあらゆる部分を対象として行います。スティル博士は人間は身体(Body)・精神(Mind)・魂(Spirit)の三位一体の存在であり、オステオパシーは人間全体を単位としてみます。

オステオパシーの4つの原則

1. 身体はユニットである。

2. 構造と機能はお互い相互に関係する。

3. 身体は自己調節するメカニズムを備えている。

4. オステオパシーの合理的な治療には以上3つの原則に基づいて行われる。

現在はこの4つの原則が主流である

その他の詳細な原則

・身体は、自らを防御し、自らを修復するように、固有の能力を持ち合わせている。(自然治癒力)

・正常なる適応性が混乱する時、もしくは、環境の変化がセルフメンテナンスする能力に打ち勝つ時には、病気が続いて起こる。

・身体の液体の動きが健康の維持に不可欠である。

・神経は、身体の液体をコントロールすることについて重要な役割を果たす。

・体性コンポーネントは病気とその徴候だけでなく、病的状態へのメンテナンスに貢献している。

whatost_1

・全ての筋肉、骨格の調整

・内臓臓器及び内臓の支持組織(靭帯、間膜等)の調整

・頭蓋骨の調整と脳脊髄液の循環の改善

・リンパマッサージによるリンパの流れの調整

・筋肉や関節に多数存在する固有受容器に対するアプローチ

これらを手技療法によって矯正し、正常に戻すことで、体内に本来備わっている防衛力を回復させ、自然治癒力を存分に働かせることができるようになるのです。

身体のリズム


人間の身体にはいくつものリズムを持った動きがあります。

・呼吸による肺、肋骨の動き

・心臓の拍動

・脳脊髄液を循環させるための動き

・内臓が持つ固有の動き

・その他(筋肉等)の動き

全ての動きが密接に関連して、身体の恒常性(ホメオスターシス)を保とうとしています。ホメオスターシスこそが自然治癒力を発動させるもとでもあるのです。

オステオパシーは身体の歪みを正し、身体の持つリズムと可動性を正常化します。